読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自殺対策月間ってなんで3月なの⁉︎

どうも!コバリオです!

3月ももう下旬になったのですね・・・
本当に早い!三寒四温とは読んで字の如くだと感じる今日この頃です。

さて、私は日課として毎日ヤフーニュースをチェックしているのですが、今朝ヤフーのトップページで気になるリンクを見つけました。
つながる心 ひろがる希望 - Yahoo!特別企画


最初はなるほどなあってくらいでマンガを読んでいたのですが、恥ずかしながらここで初めて自殺対策月間なるものがあることを知りました。
しかも3月って・・・もう終わるやん!!

ということでみなさん、3月は自殺対策月間なんですよ!


知っていましたか?
ところでなぜ3月が自殺対策月間なのか?という疑問がわいてきますよね。

なので、調べてみました。
警察庁の自殺統計に基づく年間の自殺者数の推移をみてみると、各年で最も自殺者数が多いのが3月とのことです。
では、なぜ3月の自殺者が多いのでしょうか?
原因はいくつか考えられると思いますが、多くは環境要因でしょう!

3月はさまざまな環境の変化が多い時期です。

  1. 年度末による異動(他者の異動による仕事の変化)
  2. 決算や確定申告を節目とした失業や倒産
  3. 受験、卒業、就職といったライフイベントの変化


この季節は、冬の厳しい気候から解放され、急激に陽気な季節へ変動することから、その大きな変化に体がついていけず体調を崩すケースが多いみたいです。

生理学的にいうと、春は自律神経のバランスが崩れやすい季節とのこと。
なんか5月病に似ていますね。

そんなわけで対策月間が設けられているわけですが、私なんかは「本当に効果あるの?」って疑ってしまいます。

http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/jisatsu/16/dl/2-02.pdf

厚生労働省の「自殺の状況をめぐる分析」をみると、対策月間に効果があると言うより、地域自殺対策緊急強化基金に効果があると考察できます。
もちろん全てが統計データで見えてくるものではないと思いますが、効果測定ができる基準を設けて必要に応じた力の入れ方が大事なのかなと思ってしまいます。
自殺大国日本と呼ばれ久しいですが、自殺をなくす対策にフォーカスしていてもなかなか難しいのかなとさえ思ってしまいます。
それよりなぜ自殺するのかにフォーカスし、その原因解明、解決に動くことの方が重要なのかなと感じました。


個人の解決ではなく、社会の解決を目指すべきです!

いずれにせよ、3月は自殺が多い時期です。
残りわずかの期間ですが、4月という新しい希望につまった未来へ向かってもう一踏ん張りがんばりましょう!

 

ワクワクする社会を目指して!